--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-28

ドリームシアター / シックス・ディグリーズ・オブ・インナー・タービュランス

アーティスト名「ドリームシアター / DREAM THEATER」
アルバム名  『シックス・ディグリーズ・オブ・インナー・タービュランス
         / SIX DEGREES OF INNER TURBULENCE』



「ドリームシアター」
Wikipediaのプロフィールはこちら


人生を変える・・・
とまではいかないまでも
人生の中で“衝撃的なアルバム”
ってあると思いますが
管理人にとって、そんな衝撃的なアルバムのひとつが
プログレッシブメタルの雄
「ドリームシアター」の通算6作目のこのアルバムです。


もし、HR/HMのアルバムを1枚しか
お勧めとして聴かせられないとしたら
このアルバムのディスク2を勧めますし
実際今までにも多数の人に勧めてきました。


「ドリームシアター」そして、プログレッシブメタルというジャンルを
全世界に広めることになった2作目の「イメージズ・アンド・ワーズ」


1つの頂点に達したと言える歴史的コンセプトアルバム
5作目「メトロポリス・パート2 シーンズ・フロム・メモリー」


6作目はどうなるんだろう?
そう思いながら聴きましたが


「ドリームシアターの新作は芸術である
 
 最高傑作と呼ばれた前作をいとも簡単に
 
 超越した崇高な精神性と次元の高いセンスの行使には
 
 深い陶酔感すら覚える」



と、伊藤○則氏のお言葉の通りです。


とはいえ、賛否両論分かれる問題作といえば問題作です。


このアルバムはディスク2枚組みで
ディスク1は様々な可能性を追求した実験的な内容


オープニングの「グラス・プリズン」
圧巻です
複雑難解なイントロからはじまり
スピーディで重く複雑な変拍子なフレーズへ続き
3部に分かれている13分の大作です。


それ以降の曲は確かに実験的かもしれませんが
プログレ好きな人にはお勧めです。


問題はディスク2
タイトル曲「シックス・ディグリーズ・オブ・インナー・タービュランス」
演奏時間42分02秒という組曲(+ボーナストラック1曲)


この曲
精神障害をもつ6人の登場人物がいて
その登場人物の異なるストーリーを曲にし
最後の曲で集大成として人々が抱えている
精神障害について語っている


というもので
42分02秒切れ目なく続きますが
CDトラックとしては全8曲になります。


問題はその音楽性です。
ドリシファンにも賛否両論わかれるところ。


1曲目「オーヴァーチュア」
初めて聴いた時はビックリしました
あれ?ドリシどうしちゃったのって感じで


8曲目、グランド・フィナーレでも使われる
この曲のメインのフレーズ
その他の各曲のフレーズを
コンパクトに散りばめた
オープニングを飾るインストです

「オーヴァーチュア」(ライヴでギターディストーションサウンドはなしです。)



管理人の言葉で一言で言うなら
FFシリーズのサントラとHR/HMが融合した音楽です。


車の中で“ヘヴィローテーション”モードで
仕事の車の移動中とか同乗者がいようがかまわず
聴きこんでいたら
普段聴くのはJポップ系なんだけど
FF・ドラクエシリーズの
サントラCDとかも聴いていた知人が気に入ってしまい
その知人にこのCDを貸して
その知人からFFVIIIのサントラCDを借りて
管理人がFFVIIIのサントラCDにハマッてしまいました。


まず、ここで賛否わかれるところだと思います
管理人はこの1曲目でやられました
あっというまに“賛”のほうになりました。


しかもこの「シックス・ディグリーズ・オブ・インナー・タービュランス」
凄いところは“竜頭蛇尾”の逆といいますか
5曲目の「グッドナイト・キッス」から
ラストの「グランドフィナーレ」にいくにつれて
徐々に盛り上がっていく曲構成!!


随所で聴かせるこの曲のメインのフレーズ
そのフレーズに歌詞をのせたラストの「グランドフィナーレ」
涙なしには(!?)聴けません。


HR/HMとかそういうの関係ない名作だと思います。


2曲目以降の簡単な登場人物と曲紹介を。


最初の登場人物は
2曲目「アバウト・トゥ・クラッシュ」
7曲目「アバウト・トゥ・クラッシュ (リプライズ)」
この2曲に登場する
もの凄くハイな時は世界を征服できると感じるけど
凄く落ち込んでしまうときもある躁鬱病の女性
2曲目はオープニングを飾る
ミディアムテンポ&ポップな曲です
後半は8曲目の「ルージング・タイム」の
メインのメロディーのギターソロが聴けます。

「アバウト・トゥ・クラッシュ」(ライヴ)



3曲目「ウォー・インサイド・マイ・ヘッド」
ベトナム戦争の記憶を拭い去ることができなく
精神を病んでしまっている軍人
ダークで重量感のある曲です。

「ウォー・インサイド・マイ・ヘッド」(ライヴ)



4曲目「テスト・ザット・スタンプド・ゼム・オール」
ドラッグ等、多くの問題を抱えているロックスター
唯一の疾走曲です。

「テスト・ザット・スタンプド・ゼム・オール」(ライヴ)



5曲目「グッドナイト・キッス」
精神病院へ送られ
幼い娘と引き離され苦しんでいる女性
美しく悲しいバラードです。
後半はメインのメロディーをギターソロにしています。
その後の泣きのギターも必聴です。

「グッドナイト・キッス」(ライヴ)



6曲目「ソリタリー・シェル」
自分の殻の中に閉じこもっている
精神病の男性
明るくポップな曲ですが
内容は・・・
後半のいかにもドリシらしい
トリッキーで複雑・難解な
フレーズがたまりません。

「ソリタリー・シェル」(ライヴ)



7曲目「アバウト・トゥ・クラッシュ (リプライズ)」
2曲目にも出てくる女性の話です。
ハード&ポップな曲です。
後半は1曲目「オーヴァーチュア」のように
各曲のメロディを網羅したインストです。

「アバウト・トゥ・クラッシュ (リプライズ)」(ライヴ)



8曲目「ルージング・タイム / グランド・フィナーレ」
ルージング・タイム“時間喪失”に悩む
解離同一性障害(多重人格)の男性
とっても悲しく、美旋律な曲です。


そして、グランドフィナーレ
随所で聴けるこの曲のメインとなるフレーズ
そのフレーズにのせて
集大成として人々が抱えている精神障害について語り
曲は終焉します。

「ルージング・タイム / グランド・フィナーレ」(ライヴ)



アマゾンで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページへいきます。



iTunes Storeで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページで試聴ダウンロード購入できます。



HMVで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページへいきます。
試聴ダウンロード購入できます。



楽天で買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページへいきます。




こちらのCD・DVDはフルオーケストラとの共演のライブです。


ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
     ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toshihrhm.blog61.fc2.com/tb.php/122-c5e1bae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ハードロック・ヘヴィメタル聴いて欲しい曲がある. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。