2009-09-27

サーカス・マキシマス / ザ・ファースト・チャプター

アーティスト名「サーカス・マキシマス/CIRCUS MAXIMUS
アルバム名  『ザ・ファースト・チャプター/THE 1ST CHAPTER



ノルウェーのプログレッシブメタル「サーカス・マキシマス」の1作目です。


2作目のアイソレイトがあまりによかったので購入しました。
「アイソレイト」は2007年発売のHR/HMのアルバムの中でも
かなりの高評価のようです。


1作目の「ザ・ファースト・チャプター」
19分07秒のプログレッシヴな大作の
タイトル曲「ザ・ファースト・チャプター」など
クオリティーの高いアルバムには違いありませんが


2作目の「アイソレイト」に比べると
“プログレ”度は強い気がしますが
ヴォーカルのメロディアス度は薄れているかなと


2作目「アイソレイト」は
ヴォーカルのメロディアス度は凄くいいけど
“プログレ”度は薄れているかなと・・・


なので、1作目と2作目どっちがいいかと言われても難しい・・・。


「本作で聴けるのは、前作同様
 プログレッシブかつ叙情的なヘヴィメタルで
 サーカス・マキシマスの生命線とも言うべき
 親しみやすいポップなメロディラインが
 相変わらず随所で耳を捕らえる
  
 このメロディという要素に関しては
 彼らもかなり意識しているようで
 シンガーのマイケル・エリクセンは
 あるインタビューで次のようなコメントを残している


 『誰かから、{このバンドをチェックしてみなよ}と言われて
 すぐに、チェックしてみるんだけど
 実際にそのアルバムを聴き始めると
 出だしは凄く良い雰囲気なんだよね
 リフもカッコイイし
 でも、歌が入ってきた瞬間、すべてがダメになる
 ヴォーカル・メロディというものを全然考えていないんだよ
 そういう経験を何度したことか!』


 彼ら自身がリスナーとして
 ヴォーカル・メロディの退屈な音楽に
 興味を抱けないからこそ
 自分たちの音楽ではそこに細心の注意を払って
 曲作りを行う
 

 当たり前のようでいて、それが出来ていないバンドは多い
 それが出来るところが
 このサーカス・マキシマスの最大の長所である
 独り善がりではない
 大衆にもアピールできる普遍的メロディ
 それをこのバンドは持っているのである」
(2作目「アイソレイト」アルバム解説文から引用)


2作目「アイソレイト」のヴォーカルラインと
1作目「ザ・ファースト・チャプター」のプログレ度


この2つが融合すれば凄いアルバムになるのでは?


ということで「サーカス・マキシマス」の
3作目は非常に楽しみであり
プログレのマイナー感を
払拭してくれるのではと期待してしまいます。


「The 1st Chapter」Part 1



「The 1st Chapter」Part 2



「Sin」



「Alive」



「Glory of the Empire」



アマゾンで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページへいきます。



iTunes Storeで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページで試聴ダウンロード購入できます。



HMVで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページへいきます。



楽天で買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページへいきます。



ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
     ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toshihrhm.blog61.fc2.com/tb.php/120-d5fa80ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ハードロック・ヘヴィメタル聴いて欲しい曲がある. All rights reserved. Template by Underground