2009-09-20

エヴァグレイ / イン・サーチ・オブ・トゥルース

アーティスト名「エヴァグレイ / EVERGREY
アルバム名  『イン・サーチ・オブ・トゥルース / IN SEARCH OF TRUTH



スウェーデンのメロパワバンド「エヴァグレイ」の3作目です。


「大宇宙に広がる、深遠なるドラマの調べ
 スウェーデンから登場した唯一無二のドラマ派の旗手
 エヴァグレイ遂に日本デビュー。
 ソイルワークのキーボーディスト、スヴェン・カールソンを加え、
 UFOアブダクションをテーマとした一大絵巻で迫る、
 これぞエヴァグレイの真実!」(CD紹介文より)


CDの紹介文には“ドラマティックパワーメタル”となっていましたが
プログレッシヴな要素もあります。


これは凄いアルバムです!!
ヴォーカルは賛否両論あるようですが
重厚なギターのリフ
エモーショナルなギターソロ
そして、


「~スヴェンのアイデア豊富なシンセサイザー・ワークは、
 もしかすると、今作における最大の聴きどころではないだろうか。
 時に重厚に、時にドラマティックに楽曲を演出するその辣腕プレイは、
 絶妙なアクセントとなっているしっとりとしたピアノ使いと共に、
 すでにEVERGREYサウンドにとって欠かせないものとなっていると言えよう。」
 (CDの紹介文より)


この通りで、キーボードに魅せられました


大半の曲が、曲調がガラッと変わるドラマティックな展開で
そこに、速弾きやテクニックではなく
センスとアイデアで聴かせるキーボードがたまりません。


今作は“UFO Abduction”・・・UFO(宇宙人)による誘拐事件
これをテーマにしたコンセプトアルバムになっていて
CDジャケットのイメージ通り、ダークで叙情的な感じです。


「Dark Waters」
動画タイム02:00~02:30&03:42~03:57のところと
04:14~04:37の静寂かつ哀愁なキーボード
そして、そのキーボードの後に続く、
エモーショナルなギターソロは絶品です。



「Watching the Skies」
04:04以降のキーボードのフレーズ!




「Rulers of the Mind」
02:40~04:40 静かなキーボードから始まり、途中からギターも加わって
絶妙なハーモニーを奏でるところ
これなんかはギターもキーボードも
テクニック的には難しいことはしていないので
まさに、センス&アイデアの賜物だと思います。



「Mark of the Triangle」
こちらは00:30~01:00のところ
サビのバッキングにもなっているところで
センス抜群なキーボードに、重厚なギターのリフのコラボ。




「The Encounter」
01:30~01:44&03:55~04:03のギターのフレーズ
02:58~03:24のギターソロもたまりません。



アマゾンで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページへいきます。



HMVで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページで試聴できます。



ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
     ↓         ↓         ↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toshihrhm.blog61.fc2.com/tb.php/111-b2dc98f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) ハードロック・ヘヴィメタル聴いて欲しい曲がある. All rights reserved. Template by Underground