--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-09-14

アクアリア/ルクスイテルナ~永遠の光~

アーティスト名「アクアリア/AQUARIA」
アルバム名  『ルクスイテルナ~永遠の光~/LUXAETERNA」 



「アクアリア」
Wikipediaのプロフィールはこちら


アクアリアのデビューアルバムです。


オーケストラ
クワイア
・電子音楽


これらを大胆に導入し


プログレッシブ
・ロックオペラ


これらの要素を持ち


この世界が創生される神話やミステリーを全編に散りばめ
人類と宇宙までに広がるというテーマを主眼とした
一大コンセプトアルバムです。


オーケストラを導入したバンドは聞いていたけど、
クワイアを大胆に導入した
HR/HMにハマる
きっかけになったアルバムです。
01 イテルナルクスでやられました。


01 イテルナルクス


・オーケストラ
・クワイア
・電子音楽


これらメインでハードなギターディストーションサウンドなしの
壮大で幻想的なイントロダクション


切れ目無くつづく


メロディアスなスピードナンバーの


02 アンド・レット・ザ・ショー・ビギン


イントロ
Aメロ
Bメロ
サビ


と続き


CDタイム2:23~2:58


いきなりのインストになる「静」


CDタイム2:58~3:09


ヴォーカルとクワイアメインの「動」


CDタイム3:10~3:40


またまたインストの「静」
ここのベースのフレーズがかっこいい

CDタイム3:40~4:25


ギターソロ


その後
Bメロ
サビと続き
終わりを向かえると思わせて


CDタイム6:26~からエンディングまで


ガラッと曲調が変わる
01、02合わせて10分の
ドラマティックな大作!


01、02を1曲として


これは


シンフォニックメタル
メロディクスピードメタル史上に残る名曲だと思います。



06  ウィスパーズ・アンド・ペイン・オヴ・マザー・ネイチャー


ギターのディストーションサウンドなしの
美旋律なバラード


07 チョイス・タイム


まるでホラー映画のサントラと
ヘヴィメタルが融合したかのような
ドラマティックでミステリアスなナンバー


CDタイム4:57~5:24


ドラムとのユニゾンで
不協和音的な
トリッキーでミステリアスなギターソロ
プログレッシブメタル好きな人にはオススメです。


08  ジャッジメント・デイ
09  ユア・マジェスティ・ガイア


この2曲はアルバムのハイライト的な部分


08  ジャッジメント・デイ


ストーリーでは審判が下されるという場面の曲


2曲とも02のような
ドラマティックなスピードナンバー


10  ルクスイテルナ~永遠の光~


アルバムのラストを飾る壮大な聖歌バラード!!
これも、ディストーションサウンドなしで
静かにエンディングをむかえます。



11 サン・オヴ・スカイ、ブラザーズ・オヴ・ジ・アース


ボーナストラックの
ハードでポップ的な要素を持つ
なかなかカッコイイナンバーです。




●ジャケットの紹介文


「アクアの森にこだまする我が至上のアリア・・・
麗しき旋律が奏でる未来へのプロローグ、
噂のアクアリア今旋律デビュー!! 
古の伝説を現在に伝える
若きストリー・テラーが創り上げる一大コンセプトアルバム」


●「CDジャーナル」データベースの紹介文


「ブラジルから現れた新星のデビュー作にして、
壮大なコンセプト・アルバム!
ドラムやギターは確かにへヴィメタだが、
オーケストラに混声コーラスまで導入し
クラシックにオペラ、プログレまで取り込み、
新人らしからぬ高い音楽性と可能性を感じる。
こいつは買い」





ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ








ブログパーツ

スポンサーサイト
2017-09-08

ティアーズ・オブ・トラジディー/スターチス

アーティスト名「ティアーズ・オブ・トラジディー/TEARS OF TRAGEDY」
アルバム名 『スターチス/STATICE』



ジャパメタのメロディックメタルバンド
ティアーズ・オブ・トラジディーの
3rd Album『STATICE』

女性Voで歌詞は日本語
優しい感じで、透明感のある歌声が特徴です。


アマゾンの商品の説明を丸々引用させてもらいます。
「2013年にリリースした2ndアルバムは、
日本人にしか作れないメロディーとメタルの融合という、
これまでなかった独自のメタル・サウンドを生み出し、
音楽業界、各メタル系メディアから大絶賛の声を集め、
インディーズでは異例の好セールスを記録した。
 初のワンマン・ライブもソールドアウトさせるなど、
地道なライブ活動でも大きなファン・ベースを築きあげてきた。
 メロディック・スピード・メタル・シーンに活動基盤はあるものの、
ティアーズ・オブ・トラジディーは
J-POP/J-ROCKからの影響を積極的に反映した
独自のメタル・サウンドを提示し、
他とは一線を画す強い個性を発揮しているバンドである。
 メタルの要素を取り入れた疾走ナンバー、
ハイスピード・チューンを最も得意とするが、
最大の武器はなじみやすく透明感のあるHARUKAの歌声、
そして洗練された優雅で切ないメロディー、
その歌唱を最大限に活かす楽曲そのものである。
 そんな邦楽由来の旋律を
積極的にメタル曲に溶け込ますことを信条としてきた作曲、
アレンジ・センスはリーダーであるTORUとHAYATO
の二人のメロディー・メーカーが担っている。
 TORUはTHOUSAND EYESのギタリストとしての活躍でも注目を浴び、
現在日本のメタル・ギタリストの代表格として
国内のメタル・リスナーの間には認知されている。

 今作では、耳の肥えたメタル・ファンも唸る、
圧倒的なメタル・サウンドを軸に持ちながら、
歌を聴かせることに振り切った潔い作品となっている。
切なくも儚いメロディーが常に繰り出され、
日本語の歌詞と相まって聴く者の心を鷲掴みにするだろう。
 ドラマティックなオープニングSEから始まり、
怒涛の勢いでアルバムの中盤まで一気に畳み掛ける。
十八番のハイスピード・メタル・チューンもラインナップに加え、
ティアーズ節が炸裂している。
 定番となってきた13分を超える大作までスタンバイ。
前作までの武器を惜しげもなく披露しながらも、
豊かな音楽センスを存分に発揮した
懐の深さを感じさせる作品となっている。
HARUKAの歌唱力を活かしたバラードにも挑戦している。
TORUのアコースティック・ギター1本と
HARUKAでアコースティック・セッションを行った経験もあるなど、
その実力を今作では披露している。」

収録曲
1.Beyond The Chaos
2.Void Act
3.Be Inconsistent
4.always
5.Statice
6.Blue Lotus
7.Fall In The Air
8.Accept Yourself
9.Curse Bride
10.close yet far
11.Pastel Color
12.雫

捨て曲なし!
特にお気に入りは

1曲目のSE「Beyond The Chaos」
4曲目「always」

オフィシャルウェブサイトはこちら

















ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ








ブログパーツ

2017-09-08

アースシェイカー / トレチュアリー

アルバム名「アースシェイカー / EARTHSHAKER」
アーティスト名『トレチュアリー / Treachery



日本のメロディアスHRHMバンド「アースシェイカー
歌詞は日本語
愛・夢・恋・友情・孤独・裏切り・・・等
歌詞はクサいです・・・
ジャパメタの中でもトップレベルのクサさです。
でも、そこがたまりません。


中学生から高校生と
恋に友情に一番多感な時期をシェイカーと共に過ごした
そう言っても過言ではありません。
よく歌詞の場面を自分に置き換えてました・・・。


聴きやすさという点では申し分なしです。


そんなアースシェイカーの8作目です。


このアルバムでは
シーケンサーを大胆に活用し、
デジタルビートが全面に出ている
ちょっとアースシェイカーの中では
チャレンジ的な作品です。


このアルバムのライブを見に行った時も


「殴り合いまでして、作ったアルバム。」


そうVoのマーシーが言っていました。


オープニングでタイトル曲の「TREACHERY」からいきなり
シーケンサーを大胆に活用し、
デジタルビートが全面に出ていて驚きましたが、


・シーケンサー
・デジタルビート


これ以外は今まで通りアースシェイカーまんまです。


ライブで定番となった


「走りぬけた夜の数だけ」


名バラード


「12月」

「すべて忘れても 」



アースシェイカーじゃないと
こんな曲は作れないと思う


「泣きたくて」


この曲なんか
歌詞を見ているだけで泣けてきます。


トレチュアリー=裏切り


タイトル通り、裏切られました。
いい意味で。


名曲揃いの名作です!!


「走り抜けた夜の数だけ」


「泣きたくて」



「12月」



「TREACHERY」



アマゾンで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページで購入できます。



ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ








ブログパーツ

2017-09-08

エピカ / デザイン・ユア・ユニヴァース

アーティスト名「エピカ / EPICA」
アルバム名  『デザイン・ユア・ユニヴァース / Design Your Universe』



オランダのシンフォニックゴシックメタルバンド


エピカ」の4作目です。

ドリームシアターのように
アルバムごとにコンセプトを変えつつ
進化していくバンド


陰陽座のように
確固たるコンセプト・方向性
これを維持しながら
進化していくバンド


エピカは後者にあたります。


・女性ソプラノヴォーカル
・男性デスヴォーカル
・クワイア
・オーケストラ


こららが融合したへヴィメタルです。

まさに壮麗・荘厳!!

この手のバンドの中でも最高峰です。


wikipediaのプロフィールはこちら


イントロの1曲目「Epica Samadhi [Prelude]」

2曲目「Resign to Surrender: A New Age Dawns, Pt. 4」を聴いて下さい。


「Epica Samadhi [Prelude]」



「Resign to Surrender: A New Age Dawns, Pt. 4」



「Unleashed」









ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ








ブログパーツ

2010-07-18

エイジ・オブ・ネメシス / テラ・インコグニタ

アーティスト名「エイジ・オブ・ネメシス / AGE OF NEMESIS」
アルバム名  『テラ・インコグニタ / Terra Incognita』



ハンガリーのプログレッシヴメタルバンド「エイジ・オブ・ネメシス」

2002年に出たハンガリー語のアルバムの英語バージョンです。

2007年発売。

彼らはドリームシアター、シンフォニーⅩに影響を受けているとのこと。


曲目リスト

1. Tree Of Life
2. Meeting With The Unbelievable
3. The Land Of Light
4. The Secret
5. Another Existence
6. Inner Fire
7. Inferno
8. Someone Must Take The Blame
9. Forgive Me My Foolish Crime
10. Why?
11. Bleeding Moon
12. Plummeting Into Eternity

youtubeでアップされている動画で

試聴して気に行った2曲をまずiTunes Storeでダウンロードで購入。


「Meeting With The Unbelievable」

怪しげなイントロから激しいく重厚なリフで幕を開けるこの曲

メロディアスなヴォーカルメロディに激しい演奏

プログレメタルの醍醐味、テクニカルで変幻なインスト部分も絶品です。

8分を超える、プログレメタルの名曲です。



「The Land Of Light」

比較的ポップでキャッチーな曲

インスト部分は控えめだけどセンスを感じます。



「Plummeting Into Eternity」

ラストを飾る8分55秒の曲

動画はなかったのですが

アルバム最長の曲

大曲好きとしては気になるので

この曲もダウンロード購入・・・

当たりでした。


重厚でゆったり

メロディアスなヴォーカルライン

思慮深い曲です。

5分50秒~ラストのインスト部分

メインのフレーズはテクニックよりもメロディ重視

そのフレーズをバックにしたギターソロもセンスの良さを感じます。


アマゾンで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページへいきます。



ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ








ブログパーツ

2010-04-19

トリート / クーデ・グラー ~最後の一撃~

アーティスト名「トリート / TREAT」
アルバム名  『クーデ・グラー ~最後の一撃~ / Coup De Grace』



Anders Wikstrom(G)を中心とした

スウェーデンのメロディアスハードロックバンド「トリート」

2006年にオリジナルシンガーRobert Ernlundと共に復活

18年ぶりのオリジナルフルアルバムです。


といっても、トリートを聴くのは初めてで

試聴していて特に文句のつけようのない

メロハー作品

捨て曲なしの凄いアルバムです!!


「The war is over」



「I'm Not Runnin'」



「No Way Without You」



「We Own The Night」



「Breathless」



アマゾンで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページへいきます。



ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ人気ブログランキングへ





ブログパーツ

2010-04-19

イット・バイツ / ザ・トール・シップス

アーティスト名「イット・バイツ / IT BITES」
アルバム名  『ザ・トール・シップス / THE TALL SHIPS』



イギリスのプログレッシブロックバンド「イット・バイツ」


プログレッシブロックというだけに

ハードさは控え目

その分やさしい感じで聴きやすく

全体的にポップ&キャッチー

Voもちょっとハスキーで

たまに裏声系

これがいいアクセントに


時折、ハッとするような

プログレ的インストあり
(個人的にはもっとたくさん欲しかったけど)


2008年再結成後のアルバムです。

といっても「Playground」

この曲を試聴して気に入って

他もいい感じで、

勢いでダウンロードで購入

イット・バイツのことはよく知らないので

詳しくはウィキぺディアのほうで。


ということで、動画をいくつか。


「Playground」


「FAHRENHEIT」



「Memory Of Water」



アマゾンで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページで試聴できます。



ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ人気ブログランキングへ





ブログパーツ

ブログパーツ

2010-04-12

ドリーム・スケープ / ヴェリー

アーティスト名「ドリーム・スケープ / DREAMSCAPE」
アルバム名  『ヴェリー / Very』



ドイツのプログレッシヴメタルバンド

「ドリーム・スケープ」の2作目です。


ヴォーカルメロディは悪くはないけど

ヒットしそうなキャッチーさなし


しかし、インスト部分は絶品!!

後半に組曲があるものの

5、6分の曲が中心。

ダラダラ長い曲が嫌いな方にはお勧めの

コンパクトなプログレッシブヴメタルです。


「THORN IN MY MIND」



「Fateful Silence」
動画の方は1作目なのでVoが違います。
このアルバムの日本盤ではボーナストラックに収録されています。



「Winter Dreams」



アマゾンで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページへいきます。



ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ人気ブログランキングへ





ブログパーツ

2010-04-12

アルハンブラ / ソリチュード

アーティスト名「アルハンブラ / ALHAMBRA」
アルバム名  『ソリチュード / Solitude』



ガルネリウスのKey、YUHKIを中心に結成された

日本屈指のテクニカルなメタルバンド「アルハンブラ」の3作目です。


超ハイトーンの女性ヴォーカルで歌詞は日本語

テクニカルでプログレ的要素を持った

シンフォニックメロスピ・メロパワです。


1作目から

スタイル・路線を崩さずきているので

3作目となるとさすがに

新たな発見や新鮮味はないですが

安定感があり、安心して聴けます。


・ギター
・キーボード
・ベース
・ドラム

各パートのテクニカルなソロも

相変わらず、圧巻です。

Alhambra - Earnest



Alhambra - Solitude



アマゾンで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページで試聴できます。



ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ人気ブログランキングへ





ブログパーツ

2010-03-25

トト / アイソレーション  

アーティスト名「トト / TOTO
アルバム名  『アイソレーション / ISOLATION』



トトの5作目です。

捨て曲なし!!

どの曲もハイレベル。

個人的には最高傑作だと思っています。


トトがAOR、産業ロックだとかは置いといて

勝手にソフトハードロックと呼んでいます。


ヴォーカルがファーギー・フレデリクセンにチェンジ

伸びのあるクリーンなハイトーンでお気に入りです。


でも、このアルバムはセールス的にはよくなかったとか

AOR、ハードロック、どっちつかずの中途半端だとか・・・。


素晴らしいアルバムだと思うんですけど・・・。


ウィキペディアのプロフィールはこちら


「Angel Don't Cry」



「Isolation」



「Endless」



「Change of heart」



「Mr. Friendly」



アマゾンで買う
CD画像をクリックすると
CDの詳細ページで試聴できます。



ランキングに参加しています。
気に入った曲があったらクリックお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

Copyright (C) ハードロック・ヘヴィメタル聴いて欲しい曲がある. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。